母の日の花束に!薔薇の花言葉と色別・本数による意味は?

母の日が近づくと、フラワーショップの店先は色とりどりの花であふれ、日頃の感謝の心を込めて花束を贈りたい気持ちが高まります。

定番のカーネーションも良いけれど、華やかな薔薇も母の日にふさわしいギフトです。

女性は薔薇の花束を贈られると嬉しいものですよね。

是非この機会に薔薇の花言葉や色・本数による意味をチェックして、母の日に素敵な花束を贈りましょう!

スポンサーリンク

色別による薔薇の花言葉とその意味

薔薇の花言葉は、色によって決まっているんですよ!

赤い薔薇

花言葉:「愛情」「情熱」「美」「あなたを愛しています」

薔薇と言えば赤、というイメージがあるほど、薔薇を代表する色ですよね。

「情熱の赤いバラ」という歌にもなるほど、「情熱」「愛している」という意味合いの強い赤いバラ。

もし、イメージが少し派手すぎると感じるようなら、アレンジメントの中に数本だけ入れる方法もオススメですよ。

ピンクの薔薇

花言葉:「気品」「しとやか」「感謝」「暖かな心」

ピンクの色そのものの、優しく暖かな感謝の心を表します。上品で優雅なイメージなので、女性への贈り物としてぴったりですね。

オレンジの薔薇

花言葉:「無邪気」「健やか」「絆」「信頼」

絆の花言葉から、家族への贈り物として選ばれることも多い色。元気なビタミンカラーで、溌溂としたイメージの女性によく似合います。

黄色の薔薇

花言葉:「友情」「嫉妬」「恋に飽きた」「愛情の薄らぎ」

黄色の薔薇には「愛情の薄らぎ」など良くないイメージの花言葉があるので、黄色の薔薇が好き!という女性以外には贈らない方が良いかもしれません。

でも、花言葉をそれほど気にしない女性には、黄色は金運アップのイメージもあり最近人気が高まっているそうですよ。

白い薔薇

花言葉:「清純」「心からの尊敬」「素朴」「約束を守る」

清純なイメージで、ブライダルフラワーとしても人気の白いバラですが、年配の方へ贈るときは、仏事のイメージがあるので注意が必要です。

青い薔薇

花言葉:「夢叶う」「不可能」「奇跡」

青い薔薇はとても珍しいですよね!薔薇にはもともと青の色素がなく、「不可能」のイメージを持たれていましたが、2004年にサントリーが世界初の青い薔薇の開発に成功しました。

その時誕生した「サントリーブルーローズ アプローズ」には「夢叶う」の花言葉がつけられ、発売されています。

スポンサーリンク

本数による薔薇の花言葉とその意味

薔薇はその本数によっても、意味合いが違うんです!

  • 1本「あなただけ」「一目惚れ」
  • 2本「世界は二人だけ」
  • 3本「告白」「愛しています」
  • 4本「死ぬまで変わらない」
  • 5本「心から嬉しく思う」
  • 6本「互いに思いやる」
  • 7本「密かな愛」
  • 8本「心遣いへの感謝」
  • 9本「いつまでも」
  • 10本「非の打ち所がない」
  • 11本「最愛」
  • 12本「日増しに強まる愛」
  • 13本「永遠の友情」
  • 14本「誇りに思う」
  • 15本「すまなく思う」
  • 16本「落ち着かない愛」
  • 17本「絶望的な愛」
  • 18本「誠意ある告白」
  • 19本「期待と忍耐」
  • 20本「まごころ」
  • 30本「ご縁を信じます」
  • 40本「死ぬまで変わらぬ愛」
  • 50本「偶然のめぐり合い」
  • 100本「100%の愛」

本当に沢山の花言葉があってビックリしますね!

※小さなメッセージカードを手作りして花束に添えるのも素敵ですね!

「母の日ギフト手作り小さいメッセージカード」

色や本数による花言葉を参考に、素敵な薔薇の花束を!

色や本数によってこんなにも様々な意味合いを持っている薔薇。薔薇の花が古くから人々に愛されている証拠ですね。

花束にして贈るときは、まず相手の方へのメッセージから本数を決め、それから相手の方に合った花言葉やイメージの色の薔薇で構成していくとよいですね。

たとえば私が母への花束を作るとしたら、日ごろの感謝を伝えるために8本の薔薇の花束で、内訳は赤い薔薇を3本、淡いピンクや濃いピンクの薔薇を5本、そこにカスミソウやグリーンを足したブーケなど良いかな、と思います。

あなたも、ご自分のメッセージや相手の方のイメージをあらわす素敵な薔薇の花束で、母の日に感謝の心を伝えてみてはいかかでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加