焼肉とプルコギの違いとは?プルコギのおすすめレシピも紹介!

大型スーパーで販売されたことで、今や一般的になった「プルコギ」

味付けされていて炒めるだけで完成なので、愛用している方も多いのではないでしょうか。

そんなプルコギですが、本場韓国では違う料理になることを知ってましたか?

また同じお肉を焼く韓国料理である「焼肉」とは、どのように区別しているのかも気になりますね。

今回は、

  • プルコギとは
  • 焼肉とプルコギの違い
  • プルコギのおすすめレシピ

についてまとめたので、美味しく食べながら覚えましょう!

スポンサーリンク

プルコギとは

野菜と牛肉たっぷり!

プルコギは韓国料理の一つで、タレに漬け込んだ薄切り牛肉と野菜を炒めた料理です

薄切り牛肉に漬け込むタレは、醤油をベースに砂糖・ショウガ・にんにく・ごまなどが入ったもの。これに玉ねぎや春雨・きのこなどを、一緒に炒めていただきます。

甘辛の味付けがご飯によく合う、ボリュームがありながら野菜も食べられる料理なんですね。

「焼肉」だが焼かない

プルコギとは不思議な響きの言葉ですが、これは2つの言葉が合わさってできたもの。

「プル」とはハングルで「火」の事で、「コギ」は「肉」の事。

炒め料理のプルコギにはぴったりですが、実は韓国でのプルコギは日本とは違った料理なんですよ。

韓国でのプルコギも、タレに漬け込んだ薄切り牛肉と野菜を使った料理ではあります。

しかし調理方法はというと、炒めず、タレと共に炒め煮にするもの。プルコギ用の専用鍋を使って調理し、そのまま食べたりサンチュに包んでいただきます。

日本の料理に例えるならば、すき焼きに近いのが韓国のプルコギ。そのため韓国でプルコギを注文すると、日本のプルコギとの違いに驚く観光客もいるほどなんですね。

焼肉との違いは?

韓国でいう「プルコギ」とは

ハングルで「焼肉」という意味となるプルコギですが、焼肉との違いはどこにあるのでしょうか。

韓国で言う「プルコギ」は、先に説明したとおり「専用鍋で炒め煮にした牛肉と野菜」のこと。ただし最近では日本のように、汁気を飛ばして炒めたプルコギもあります。

一方で最初からスープを多めに入れて、具だくさんのスープ料理として提供するお店もあります。

韓国で言う「焼肉」とは

日本で言うところの「焼肉」ですが、

  • サムギョプル
  • コギグイ
  • カルビグイ

が一般的。

ただし「コギグイ」は焼いた肉の総称で、日本で言うところの「焼肉料理全般」というニュアンスとなります。

「カルビグイ」はいわゆる「カルビ」のことで、骨付きカルビは日本でも人気の一品。韓国ではちょっと良い料理という扱いで、価格もそれなりのものとなっています。

「サムギョプル」とは厚みのある豚バラ肉を、中央が盛り上がった鉄板で焼く料理。焼いたお肉は切り分けて、岩塩やコチュジャンなど好みの調味料をつけていただきます。

ちなみに日本でおなじみの、「牛・豚・鳥の、様々な部位を焼いて食べられる」焼肉店は日本式。韓国ではお肉の種類は少なめで、またホルモン類を出すお店はあまりありません。

スポンサーリンク

プルコギのおすすめレシピ!

プルコギ丼

いつものプルコギをちょっと「つゆだく」にして、丼にしませんか?

■材料 (2人前)

  • 牛薄切り肉 150g
  • 玉ねぎ   1/2個
  • 赤パプリカ 1/2個
  • 万能ねぎ  3~4本
  • ごま油   小さじ1
  • ご飯    茶碗2膳分

☆合わせタレ

  • 醤油        大さじ2
  • 酒         大さじ2
  • 水         大さじ2
  • コチュジャン    大さじ1
  • 砂糖        大さじ1
  • ごま油       小さじ1
  • すりおろしにんにく 1/2片分
  • すりおりししょうが 1/2片分
  • 白ごま       少々

■作り方

  1. 玉ねぎと赤パプリカは縦に1センチ程度の薄切りに、万能ねぎは5cm程度に切ります。

  2. 牛肉を食べやすい大きさに切り、合わせタレに10分程度漬け込みます。

  3. 油を引いたフライパンを中火に熱し、2と万能ねぎ以外の野菜を炒めます。

  4. 肉に火が通って全体が馴染んだら、万能ねぎを入れてさっと混ぜます。

  5. 丼にご飯を盛り、4を汁ごと盛り付けて完成!

お好みで春雨やもやしを加えると、ボリューム満点の一品に。合わせタレに一味唐辛子を少し加えると、ピリ辛の味わいになりますよ!

【料理サプリ】野菜タップリ!コウケンテツさんの≪プルコギ≫

※コチュジャンの代わりに、韓国の「粉とうがらし」を使うとさらに本格的な味になります。

不思議な「プルコギ」

日本でのプルコギは、炒めるだけの手軽な料理として広まっています。焼肉の一種と思いがちですが、韓国でのプルコギは「すき焼き」に近い料理。

しかもプルコギには「焼肉」という意味もあるので、調べるとかえって混乱しそうですね。

日本で広まっているプルコギも美味しいですが、本場のプルコギも甘辛味でご飯にピッタリ。

焼肉のようで焼肉でないプルコギを通じて、食の違いを考えてみませんか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加