ペットボトルの再利用は衛生に悪いの?再利用で気を付けることは?

外で飲み物をよく買っていると、たまってくるペットボトル。飲みやすいし持ち歩きにも便利で、ついつい飲み物を入れ替えて再利用していませんか?

実はこのペットボトルの再利用、よほど気をつけて消毒などしていなければ、衛生上あまりよくないのです。

今回は、どうしてペットボトルの再利用は良くないのか、また再利用する際の消毒方法についてご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

水筒がわりにペットボトルで。なぜ衛生に悪い?

水筒となるとパッキン部分など洗うところが多くて面倒!でも、ペットボトルなら簡単だし、いざ必要なくなればすぐに捨てることもできるから、空のペットボトルに自宅のお茶をいれて持ち歩いてる!

・・・そんな方も多いのではないでしょうか。

そのペットボトル、もしかしたら菌がいっぱいついているかもしれませんよ!

どうしてペットボトルの再利用は衛生に悪いのでしょう?

そもそも長期使用できるように作られていない!

ペットボトルはあくまで「使い捨て」を想定して作られています。

長期間使用するとボトル自体が水垢や残った飲み物のぬめりで傷んで、カビや菌が繁殖してしまうのです。

口のみは唾液中の雑菌が飲み物に入ってしまう

ペットボトルを水筒として持ち歩いている方で、コップを一緒に持ち歩いている方はどれだけいるでしょうか。飲むのに便利だから大体は口飲みしているのではないでしょうか。

唾液中の雑菌がダイレクトに飲み物の中に入ってしまうため、一度キャップをあけて口をつけたペットボトルの飲み物は早めに飲んでしまう方が安全なのが基本

使い回しとなると手洗いでどれだけ菌が取れるかが重要になって来ます。やはりどうやっても不衛生にはなってしまいますね。

どうやって再利用すればいいの?

では、再利用する際の注意点を見ていきましょう。

最低でも一週間に1度は違うものに

毎日使うものですから、しっかりと洗って長くても一週間に一度は違うペットボトルに変えましょう

使い続けると、洗い残しやぬめりでかびてきたり、雑菌の住処になったりしてしまいます。それを使い続けていると思うとぞっとしますね。

消毒をしよう

また殺菌も大事です。何日かに一度は漂白剤を薄めたものを中に入れてください。しかしちゃんと洗い流すのを忘れずに。

ただし消毒しているからといって同じペットボトルを何度も使い続けるのはやめましょう。

やっぱり安心なのは水筒

やはり上記でも書いたように、ペットボトルは長期使用できるように設計されていません。不衛生なペットボトルを使い続けると食中毒などの危険性も大いにあります。

その点、水筒は衛生面も含めてしっかりと設計されており、毎日ちゃんと洗っていれば長く使うことができます。水筒にはデザインや大きさもいろいろありますし、機能も用途に合わせて様々なものを選ぶことができます。

結局は捨てないといけないペットボトルに消毒をする手間を考えると、断然水筒の方が楽ですし安全です

□ペットボトルで透明のギフトボックスを作る方法

いらなくなったペットボトルはよく洗ってこんな使い方もできるようです。工作の仕方も他にたくさん載っていますよ。水筒として使うよりも万能かも・・・?

十分に気を付けないといけないペットボトル水筒

いかがでしたか?

ペットボトルは、底の方や、中の細かいくぼみなど洗うのが難しいですし、どうしても不衛生にはなってしまいそうですね。

ペットボトルを不衛生のまま長期使用していると、大人でもお腹を壊して大変なことになることもあるようですから、できれば使いまわすのは避けた方が良いでしょう

やむをえず再利用するにしても、消毒することはもちろんのこと、2、3度使ったら取り替えるなど気をつけて使うようにしましょう!

小さいお子さんがおられる方は尚更気をつけたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加