パサパサして髪の毛が広がる原因は何?広がった時の治し方は?

最近、髪の毛がパサパサして広がってしまうとお悩みの方。

パサパサ髪は老けて見えたり、疲れているように見えたりとマイナスイメージになってしまうので、ぜひとも治したいですよね。

「髪がパサつくのは年齢的なものだから仕方ない・・」と考えてしまう方もいると思いますが、髪のパサつきは年齢による髪質の変化ではなく、パサつきの原因が長年蓄積したことによるものです。

ですから、原因を根本的に解消することで、髪のパサパサ&広がりは治すことができるんですよ!

スポンサーリンク

髪の毛がパサパサする原因は?

髪がパサパサして広がる原因は、「髪の傷み」です。

そして髪が傷むもとになるのが

  • 乾燥
  • 摩擦

の二つです。

どうして乾燥が進むの?

美容カウンターで肌診断を受けた際に、肌の水分量と油分量、という話を聞いたことがあると思いますが、髪にも水分と油分が必要です。

髪の内部の水分とタンパク質はキューティクルによって保護されていますが、このキューティクルが傷んでめくれると、そこから水分とタンパク質がどんどん流れ出てしまい、パサパサした質感の髪となってしまうのです。

それから、外出時に髪の保護について考えることはなかなかありませんが、髪も肌と同様、冷たい風や紫外線によって乾燥してしまうんですよ。

摩擦の要因は?

髪の静電気や過度なブラッシング、キューティクルの傷みを放置することで、髪同士の摩擦を生み、髪の傷みはひどくなってしまいます。

特に、

  • 髪が濡れてキューティクルが開いた状態で寝る
  • プラスチックやナイロンのブラシで乱暴にとかす

などは髪に摩擦を起こし、痛みのもとになります。

スポンサーリンク

髪の毛がパサパサして広がる時の治し方

髪がパサパサで広がり、スタイリングが決まらない!という時は、とにかく水分と油分を髪に補給することを考えます。

髪を簡単にまとめてから蒸しタオルを数分間巻き、そのあとヘアオイルをなじませて水分をとじこめれば髪は落ち着き、しっとりまとまってくれます。

しかし、この方法はその日一日のスタイリングを持たせてくれますが、髪のパサつきの根本的な解決にはなりません。

髪が傷んでパサつく原因、「乾燥」「摩擦」を解消し、さらに健康な髪が生えてくるために必要な頭皮のケアをぜひ取り入れていただきたいです!

シャンプーを低刺激のものに変える

洗浄力の強いシャンプーは髪の油分を奪いすぎてしまいます。

髪のために良いシャンプーは、

  • 添加物が少ない
  • 保湿成分が配合されている
  • アミノ酸系の洗浄成分

というものです。

成分の良いシャンプーは価格が高めですが、使い続けると次第に髪のツヤが戻ってきますよ。

ブラッシングを大切に

ブラッシングは髪の健康に大きな影響があります。とにかく髪に刺激を与えないブラッシングを行いましょう。

摩擦を起こさない木製や獣毛のブラシを使い、まずは毛先をとかしてから次は毛先10cm、それから毛先15cmというふうに少しずつ丁寧にブラッシングして下さいね。

トリートメントをしてからドライヤーをかける

傷みやすい毛先を中心にヘアオイルなどのトリートメントをなじませてからドライヤーをかけましょう。

髪がドライヤーの熱から守られ、髪が乾いてキューティクルが閉じるときに補修成分を髪に閉じ込めてくれます。

頭皮のマッサージをする

試しに頭のてっぺんの頭皮を触ってみて下さい。カチカチに固くなっていたら、血行が悪く頭皮が縮こまっている状態です。

美しく健康な髪が生えるためには、頭皮が柔らかく栄養がいきわたっている状態であることが大切です。

※お風呂でできる頭皮マッサージを習慣づけて、柔らか頭皮になりましょう!

「硬い頭皮を柔らかく!シャンプー中もOK『セルフ頭皮マッサージ』」

髪を痛みから守るヘアケア&頭皮ケアでパサつかない髪に

今は髪がかなり傷んでパサパサして広がってしまっているという方も、例えば襟足付近や耳周りの髪の根元など、外側からの刺激を受けにくい場所の髪はツヤがあり美しいはずです。

乾燥や摩擦を受けないよう気をつけてケアをすれば、表面や毛先の髪も同じように美しくなることができますよ。

数日で改善することはできませんが、日々の「髪を傷ませないケア」を続けていけば、少しずつうるおいのある美しい髪へと変化して、周りの人に「髪質、変わった!?」と驚かれてしまうかもしれません!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加