髪の臭い対策にも!「塩シャンプー」の優れた効果とやり方!

毎日シャンプーしているのに、髪の臭いが気になることはよくあります。

またシャンプーの種類が多すぎて、どれを使って良いのか悩むことも多いのではないでしょうか。

そんな方にぜひおすすめしたいのが、塩シャンプーで頭を洗う方法

髪トラブルが解消されると話題になっていますが、どんな洗い方なのか気になりませんか?

そこで今回は、
・塩シャンプーとは
・塩シャンプーによる髪への効果
・塩シャンプーのやりかた

…を紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

塩シャンプーとは

塩だけで洗う!

塩シャンプーとは、時の通り、シャンプーを使わず塩で頭を洗う方法のことです

現在ではあたり前のように使っているシャンプーは、1960年ころから普及。更に毎日頭を洗うのが一般的になったのは1980年代と、比較的新しい習慣とも言えます。

現代を生きる私達にとって、シャンプーを使わないことは不安かもしれません。

しかしシャンプーを使わない洗い方でも、きちんと汚れは落ちるので大丈夫なんですよ。

塩シャンプーの髪に良い効果とは?

潤いある地肌に

塩シャンプーの効果でまず挙げたいのが、「地肌の潤いを落としすぎない」点です。

シャンプーに含まれる洗浄成分は、頭皮の皮脂や汚れを落とすのに適したもの。しかしこの洗浄成分は、地肌にとって必要な潤いまで落としてしまう傾向が。

そのため、地肌が乾燥しやすくなり、フケやかゆみの原因になってしまうのです。

更に乾燥した地肌は潤いを守ろうと、今まで以上に皮脂を出して保護。これがべたつきやすい髪や、地肌トラブルの原因となってしまいます。

毎日洗うようになった私達の頭は、元々お湯だけで皮脂が落ちる状態だと言われています。

そこにタンパク質を落としやすくする効果のある、をプラス。その結果、必要以上に潤いを奪わない、地肌に良い状態で髪が洗えるんですよ!

頭皮のニオイ対策に

皮脂が過剰に分泌された地肌は、自然と毛穴に古い皮脂がたまりやすくなります。これが毎日洗っているのに、夕方ぐらいに髪が臭う原因に。

なので塩シャンプーに切り替えると、過剰な皮脂の分泌が収まってニオイも解消されるんですよ

白髪や抜け毛予防に

地肌の乾燥と余分な皮脂の分泌は、毛根にもダメージを与えがちです。乾燥が進めば毛髪が細くなり、白髪や抜け毛が増える原因に。

そこで塩シャンプーを続けることで、地肌の正常化と共に毛髪トラブルも解消されていきます

スポンサーリンク

塩シャンプーのやり方!

お湯に溶かして

塩シャンプーは、次の手順で行います。

  1. 髪を櫛でとかして、ホコリや汚れを落としておく。
  2. 洗面器にぬるま湯を入れ、そこに大さじ1程度の塩を入れて溶かす。
  3. ぬるま湯で、髪をしっかり洗い流す。
  4. 塩入りのぬるま湯で髪と地肌を濡らし、頭皮全体をやさしくマッサージする。
  5. 丁寧にお湯で髪を洗い流し、塩分を取り除いて洗髪終了。

塩シャンプーに使う塩は、出来れば粗塩がおすすめ。なければお料理に使う塩でもいいので、始めやすいのも魅力的ですね。

最初のうちはべたつくかも知れませんが、一週間ほど続けると自然なまとまり感が生まれます。

リンスは?

塩シャンプーを行う場合、基本的には市販のリンス・コンディショナーは不要。それでも髪のパサつきが気になる人は、お酢でのリンスで落ち着かせましょう。

お酢でリンスすると、頭皮の殺菌効果が高まって匂い予防に効果的。しかもお酢のアミノ酸がキューティクルを引き締めて、つやつやの髪に仕上げてくれます。

■お酢のリンスの使い方

  1. 洗面器にぬるま湯を貯め、お酢(またはクエン酸)小さじ1を溶かす。
  2. (1)で髪全体を濡らし、やさしく頭皮をマッサージする。
  3. ぬるま湯でしっかり洗い流す。

お酢の匂いが気になる方は、砂糖の入っていないリンゴ酢を使うとふんわりとした香りに。あるいはクエン酸を使うと、無臭ながらお酢と同様の効果が期待出来ますよ。

塩シャンプーのポイントと注意点

嬉しい効果が期待出来る塩シャンプーですが、やる時のポイントと注意点があります。

お湯は34~35度のぬるま湯で

熱湯は地肌を痛める恐れがある上、タンパク汚れが落ちにくい傾向が。

34~35度ぐらいが一番汚れが落ちやすいので、ぬるま湯で洗いましょう。

傷やニキビがあるときは使わない

頭皮にニキビ・傷・湿疹があると、塩がしみることが。症状が悪化する恐れもあるため、治ってから塩シャンプーを再開しましょう。

また使ってみて頭皮に刺激を感じたときも、すぐに洗い流して使うのを止めましょう。

塩シャンプーでナチュラルな髪に

塩シャンプーは、身近な「塩」を使って髪を洗う方法。シャンプーで奪われがちな地肌の潤いが守られ、嫌なニオイもなくなる髪に優しい洗い方なんですよ。

最初の頃はベタつきがあったり、髪のキシキシ感に不安を感じるかも知れません。

しかし長く続けることに、健康的で自然な髪質に変わっていくのでじっくり続けたいですね。

塩でやさしく髪を洗って、ナチュラルビューティーを目指しませんか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加