濡れた本の乾かし方6選!キレイに乾かすコツは?

雨や雪の日に、大切なやずっと使う教科書が濡れてしまって、困ったことはありませんか?

また、机で飲み物を飲みながら本を広げていたら、こぼれて濡れてしまった!なんてことも。本をそのまま乾かすと、シワシワになったり、ページがくっついてしまったり、本当に困ってしまいますね。

そんな時は、

  • どのように乾かすのが一番よいのでしょうか?
  • 家にある手近なもので、本をできるだけキレイに乾かす方法はあるのでしょうか?

今回は「濡れた本の乾かし方」について、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

濡れた本をきれいに乾かす方法 6選

身近にあるものを使って手軽にできる方法から、手間はかかるけれど奇麗に仕上げる方法まで、6つの方法をご紹介します。

1)アイロンで乾かす

  1. タオルで濡れた本の水分を拭き取ります。
  2. アイロンを「ドライ低温」に設定します。
  3. 1ページずつアイロン台にのせて、当て布をしながらゆっくりとアイロンをかけます。

この方法は、濡れた状態が「部分的でそれほど重症でない場合」に有効です。

ただしアイロンの熱により、本によってはインクが溶ける可能性もあるので、注意が必要です!重要でない部分で少し試し、大丈夫かどうか確認してから開始すると安心ですね。

2)布団乾燥機を使う

  1. 濡れた本をジップロックなどのビニール袋に入れます。
  2. 布団乾燥機のノズルをビニールへ差し込み、熱風を入れて乾かします。

この方法も、濡れた箇所が「部分的でそれほど重症でない場合」に有効な方法です。

濡れ方がひどい時にこの方法を使うと、ページがシワシワになったり、膨らんだりします。濡れが部分的で、とりあえず乾かさなくてはならない緊急の時!に、有効な方法です。

3)こたつで乾かす

  1. タオルで濡れた本の水分を拭き取ります。
  2. 濡れたページに「ペーパータオル」をはさみます。
  3. 本の上に「まな板」などの平らな板を置きます。
  4. その上に「重し」をのせます。
  5. こたつの中で乾かします。

こたつの熱でゆっくりと水分が蒸発し、かなり元の状態へ戻すことができます。「重し」にちょうどよいものがなければ、「未開封の砂糖や塩」でも代用できます。

スポンサーリンク

4)冷凍する

  1. 濡れた本を、冷凍保存できるフリーザーバッグに入れます。
  2. ジップをせずに冷凍庫に垂直にして入れます。
  3. 冷凍庫で24時間以上冷やした後、取り出します。

成功するかは紙質等にもより、凍った本が解凍されたら、再び濡れた状態に戻ってしまったというケースもあるようです。

もし再び濡れた状態に戻ってしまったら、もう一度、他の方法で乾かすこともできます。
最初に、一度試してみるのに良い方法かもしれませんね!

※手軽で簡単に!濡れた本の冷凍方法のやり方ならこちらも参考にしてみて!

5)ティッシュをはさむ

  1. はじめにタオルで濡れた本の水分を拭き取ります。
  2. 濡れたページに「ティッシュ」をはさみ、重しをのせます。
  3. 3~5分間放置します。
  4. 水を吸ったティッシュを新しいものに取り替えながら、乾くまで放置します。

ティッシュの他にも、キッチンペーパー、トイレットペーパー等でも代用できますよ。この方法はティッシュを替えるのに手間がかかりますが、失敗の少ない確実な方法です。

6)扇風機を利用する

  1. タオルで濡れた本の水分を拭き取ります。
  2. 濡れたページに「ペーパータオル」か「コピー用紙」をはさみます。
  3. 本を扇形に開き、空気が本の中を通るようにして、扇風機で風を送ります。
  4. 半乾きになるまで、扇風機で風を送りながら、ペーパータオルを交換します。
  5. 半乾きになったら、本に「重し」を平らになるように置きます。
  6. 乾燥するまで放置する。

この方法は、国会図書館がおすすめしている手順で、手間がかかりますが、綺麗に仕上がる確実な方法です。

まさかの冷凍!?

いかがでしたか?

濡れた本を乾かすにも、「アイロン」から「冷凍」まで、身近なものでできる方法が色々あるんですね。

濡れた本を乾かそうとする時、ティッシュをはさむ等は、自ら思いつくような気もするのですが、さすがに「本を冷凍する」には驚かされました!

成功率は微妙なようですが?とても気になります。わざわざ本を濡らすのはもったいないので出来ませんが、機会あれば、ぜひ試してみたいところ。

次回、本を濡らしてしまったらチャンス!と思い、ぜひ実験してみたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加