ケバブのお肉は何が使われているの?おすすめの食べ方は?

イベントの屋台で最近よく見かける、大きな肉の塊をそぎ切りにして販売する「ケバブ」

半円形のパンの間に挟んで、レタスやトマトと一緒に食べると美味しいですよね。

ボリューム満点で美味しいケバブですが、あの大きなお肉はどうやって作っているのでしょうか。

またケバブが家で食べられたらと思いますが、レシピを知りたくないですか?

そこで今回は、

  • ケバブとは
  • ケバブに使われているお肉は
  • ケバブのおすすめの食べ方

についてまとめたので、ぜひ覚えてくださいね!

スポンサーリンク

ケバブとは

串焼き料理

ケバブとは中東を中心に食べられている、串に刺して焼いた料理の事を言います。

日本では肉がメインとなりますが、実は魚などを指した場合もケバブとすることがあります。

ただし日本で「ケバブ」といえば、塊肉をそぎ切りにしたものを刺すことがほとんど。こちらは「ドネルケバブ」という料理で、トルコから日本に伝わった料理なんですよ。

ドネルケバブはスライスして下味をつけ、串に刺しながら積み重ねたお肉が使われています。塊肉に見えますが、実は何重にも重なったスライス肉。

ドラム状になったこのお肉をあぶり焼きにし、焼けた外側を薄くスライス。

これを野菜と共にピタと呼ばれるパンにはさみ、酸味のあるソースをかけていただきます。

ケバブにはどんな肉が使われているのか

日本の場合

積み重ねてドラム状になったドネルケバブのお肉ですが、どんなお肉が使われているのでしょうか。

まず日本の場合ですが、入手しやすい鶏肉・牛肉が主に使われています。

特に牛肉を使うことが多く、お店によっては国牛肉しか置いていない事も。もし鶏肉のほうが好みでしたら、事前に確認したほうが安心ですね。

外国の場合

トルコのケバブで使われる肉ですが、鶏肉か羊肉のどちらかとなります。

これはトルコは多くの人が、牛肉を食べないからです。

トルコの多くの人はイスラム教を信仰していますが、イスラム教では牛は神聖な動物。そのため牛を食べないトルコ料理では、ほぼすべての料理に牛肉は使われていません。

スポンサーリンク

ケバブのおすすめの食べ方

簡単ケバブ

ドネルケバブをご家庭で作るのは難しいですが、味を再現した簡単ケバブを紹介します。

■材料(2~3人前)

  • 鶏もも肉 2枚(300g程度)
  • 玉ねぎ  1/2個
  • キャベツの千切り 食べたい分だけ
※1

  • ヨーグルト     大さじ3
  • クミンパウダー   小さじ1
  • チリパウダー    小さじ1
  • すりおろしにんにく 1片分
  • 塩         小さじ1/2
  • コショウ      少々

○ソース

  • マヨネーズ     大さじ2
  • ケチャップ     大さじ1
  • レモン汁(あれば) 少々
  • チリパウダー    小さじ1(お好みで)

クミンパウダーとチリパウダーは、スーパーの香辛料売り場にあります。

チリパウダーは辛味があるので、小さいお子様がいる場合は抜いても構いません。

■作り方

  1. 鶏もも肉は、薄く小さめにそぎ切りにする。
  2. 玉ねぎはすりおろし、※1 以下の調味料と一緒に袋に入れて混ぜる。
  3. (2)に鶏もも肉を入れて揉み込み、30分ほど冷蔵庫などに入れて待つ。
  4. 油を引いたフライパンに、(3)を汁ごと入れてフライパンいっぱいに広げる。
  5. 中火で5分ほど肉を動かさずに焼く。
  6. ひっくり返して軽くほぐし、弱火にして汁気がなくなるまで焼く。
  7. 皿にキャベツの千切りを敷き、その上に(6)を盛り付けてソースを掛けて完成。

ポイントは、お肉をタレに漬け込んでから焼くこと。また焼くときは焦げ目がつく程度を心がけつつ、焼き過ぎて硬くならないよう注意しましょう。

ケバブサンドのパンを焼こう

ケバブが焼けたら、次はケバブサンド用のパン「ピタ」も作りませんか?

■材料(6個・12枚分)
強力粉       200g
ベーキングパウダー 大さじ1と1/2
砂糖        大さじ1
塩         ひとつまみ
ぬるま湯      100cc
ケバブ       お好みの量

■作り方

  1. ケバブ以外の材料をボウルに入れて混ぜる。
  2. ひとかたまりになったら、濡れ布巾をかけて常温で30分置く。
  3. (2)を6等分し、麺棒などを使って直径15センチ程度に丸く広げる。
  4. フライパンを中火に熱し、(3)を焼く。
  5. 中心部が膨らんできたら、潰さないようにひっくり返して焼く。
  6. 焼けたら半分に切り、空洞部にケバブを入れて完成。

うまく膨らまなかった場合は、半分に切らず上にケバブを乗せて巻いても美味しいですよ。

パーティメニューにいかが?

ケバブは重ねたお肉を炙り焼きにし、火の通った部分をそいでいただく料理。日本では牛肉・鶏肉がメインですが、本場トルコでは鶏肉・羊肉がメイン。

屋台の塊肉は家では再現するのは難しいですが、味付けを再現できれば家でもケバブは食べられます。

ピタも実は簡単に作れますし、パーティーメニューとして出すと喜ばれるかも。

野菜もお肉たっぷり食べたい、ケバブをお家で極めませんか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加