細菌とウイルスの違いは?抗生物質が有効なのはどっち?

梅雨の季節から夏にかけて怖いのが、様々な菌が原因で起こる食中毒です。特に夏は食品が傷みやすく、繁殖した細菌が体内に入って具合が悪くなることも。

一方でノロウイルスが原因で起こる食中毒も、感染力など強く注意したいですね。

ところで、「細菌」と「ウイルス」とは、名前が違うだけで同じようなものなのでしょうか。

感染した時の対処法なども含めて、細菌とウイルスの違いについてまとめました。

スポンサーリンク

細菌とウイルスの違いについて

細菌とは

細菌は正式には「真性細菌」といい、分類上は単細胞生物という扱いとなります。餌となるものを自力で吸収して不要物を出し、分裂して繁殖します。その点は確かに生物ですね。

大きさは1µm(マイクロメートル)前後で、人間の細胞の1/10程度。ちなみに1000µmで1mmとなり、顕微鏡でないと見えないほどの小ささです。

細菌には様々な場所で生息し、その中には私達の体内も含まれます。有名なものですと「大腸菌」や「乳酸菌」が、体内で生息している細菌ですね。

これらの細菌のなかには、人間にとって有益なものがある一方で害となるものも。害となる細菌が排出したのが毒となり、体調不良の原因となるのです

□まな板の表面から採取した雑菌が増殖していく様子

※見ていると気持ち悪くなりますが、これだけ細菌(雑菌)は増えやすいという事ですね。

ウイルスとは

ウイルスは遺伝情報のDNAとRNA、それらを覆う外殻という単純な構造で出来た存在。生物が持つ「細胞」を持たないため、非生物という扱いとなります。

その大きさは10nm(ナノメートル)から100nmと、細菌よりも更に小さい存在。ちなみに1000nmで1µmとなり、電子顕微鏡を使わないと見ることが不可能です。

構造が非常に単純なウイルスは、生き物の細胞に寄生することで増殖します。そのため増殖された生物は対抗しようとした結果、熱が出たり下痢や嘔吐の症状が。これが「ウイルスによる体調不良」となり、病気となってしまう仕組みなんです。

比較してみると…

細菌とウイルスの違いについて、簡単に比較してみましょう。

細菌 ウイルス
大きさ 1µm前後 10〜100nm
分類上 単細胞生物 非生物
生息地 様々な場所 生物の体内
増える方法 主に分裂 生物の細胞に寄生して増殖

この中で大きさですが、聞きなれない単位なのでピンとこないかもしれません。例えるならばウイスルが直径1センチの飴玉で、細菌は直径10m以上のガスタンク。細菌は小さいのですが、それ以上にウイスルが小さいのです。

そして細菌とウイルスの最大の違いは、

  • 細菌の中には、体内で役立つ菌もある
  • ウイスルは体内に入ると、害にしかならない

…という点。

病気になるという点ではどちらも許せませんが、役立つ菌がいる分、まだ細菌の方がマシですね。

スポンサーリンク

細菌・ウイルス性の病気にかかった場合はどうする?

細菌には抗生物質

細菌が原因で具合が悪くなった時は、抗生物質の薬が渡されます。抗生物質は細菌の細胞を攻撃する作用を持ち、細胞を破壊することで細菌を死滅させる効果が。

害となる細菌をある程度減らした後は、ゆっくり休んで体調の回復を待ちます。

抗生物質は強力な一方で、使い過ぎると細菌に耐性ができてしまう欠点も。必ず医師の指示に従った分量を守り、余った薬を別の機会に飲むようなことは避けましょう。

ウイルスに対抗する薬は…

ウイルスに感染した場合、抗生物質を飲んでも体調は良くなりません。なぜならウイルスには細胞がないため、細胞を壊して死滅を狙う抗生物質は向いていないのです。

更にウイルスに直接効果を発揮する薬は少なく、特定のウイルスにしか効果のないものがほとんど。そのためウイルス性の病気の場合、ウイルスが原因で起こる諸症状を緩和する薬が渡されます。

ウイルスに対抗するワクチン

ウイルスに有効な薬は少ないのですが、感染しないためのワクチンが存在します。

ワクチンとは、感染力を弱めたウイルスから作られ、接種することで「感染した」状態を作るもの。おたふく風邪や風疹の予防接種を、子供の頃に受けた覚えはありませんか?この時注射されたのがワクチンで、これによって苦しい病気にならなくて済むんですよ。

ちなみにインフルエンザは、その年によって有効なワクチンが変わります。というのも、インフルエンザにはいくつかの型がある上、すぐに変化してワクチンが効きにくくなるためです。だから一度摂取したら、一生インフルエンザに掛からない…とはならないのです。

似ているようでかなり違う

どちらも体調不良や病気の原因となる細菌とウイルスは、同じようなものと思われがち。しかしそれぞれ違う存在ですし、感染した場合の対処法も違ってきます。

悪い菌もあれば良い菌もあり、感染した場合は抗生物質が効く細菌
悪いものばかりで抗生物質も効果がないが、予防できるワクチンがあるウイルス

出来れば感染したくありませんが、万が一の時は違いを理解したいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加