クイニーアマンのカロリーはどれくらい?美味しい食べ方は?

「コンビニにはなんでもある」とは言いますが、特にスイーツは驚くほど充実していますよね。しかもどれを食べてもスイーツ店レベルの味で、ついつい買いすぎてしまうことも。

そんなコンビニスイーツから再び人気となったものに、「クイニーアマン」というものがあります。

見た目はデニッシュパンで、カリカリのキャラメルとバターの風味がとっても美味しいですよ!

そんなクイニーアマンの気になるカロリーと、美味しい食べ方を紹介します。

スポンサーリンク

クイニーアマンとは

フランス生まれの洋菓子

クイニーアマンはフランス生まれの洋菓子で、ブルターニュ地方の洋菓子職人が考えだしたもの。その意味は「バター(amann)の菓子(kouign)」で、その名の通りバターがたっぷり使われています。

実は「クイニーアマン」はフランス語ではなく、ブルターニュ地方で使われているブルトン語。そのためフランスではクイニーアマンと言っても、通じないことがあるんですよ。

再び注目

クイニーアマンは、1990年代後半に一度流行したお菓子。ベルギーワッフルが大流行した後に、同じような食感のスイーツとして紹介されました。

その後クイニーアマンのブームは去り、一部のお店で定番商品として販売され続けていました。それが2013年ごろからコンビニで販売され、懐かしさと美味しさから再び注目。

現在は定番スイーツパンとして、以前より気軽に食べられる様になりました。

クイニーアマンのカロリーはどれぐらい?

食べやすさにご用心

クイニーアマンのカロリーは、1個あたり300〜350kcal前後と少々高め。その原因は風味豊かなバターと、表面を多くサクサクのキャラメルにあります。

クイニーアマンのキャラメルは、グラニュー糖をバターで溶かして焦がしたもの。甘くて美味しいのですが、油脂と糖分が多いので、どうしてもカロリーが増えてしまいます。

コンビニのクイニーアマンのカロリーは?

大手コンビニの中でクイニーアマンを取り扱っていて美味しくて有名なのは、ローソンですね。そのローソンで取り扱っている「クイニーアマン・メープル風味」カロリー339kcal

キャラメル部分がメイプルシロップとなっていますが、やはりカロリーは少し高めです。

なお、他のコンビニでは販売を終えていたり、過去に販売終了したものが復活したりといったことがありました。根強い人気を誇るクイニーアマンですから、他のコンビニでも復活するかも知れませんね。

スポンサーリンク

クイニーアマンの美味しい食べ方

温めなおして少し待って

お店でクイニーアマンを購入したら、食べる前に一度軽く温めましょう

電子レンジなら10秒から20秒程度
オーブントースターなら30秒程度
がベストです。

軽く温めることで中のバターが溶け、驚くほどバターの風味が香ります。更にキャラメルも程よいサクサク感となるので、冷たいままより美味しんですよ!

初心者にはちょっと大変

クイニーアマンの作り方は、クロワッサンなどのパンとほぼ同じで、

  1. 強力粉・ドライイースト・バター・砂糖・塩・水を混ぜて寝かせる。
  2. バターとグラニュー糖をを織り込みながら、薄く伸ばして折りたたむことを繰り返す。
  3. しばらく寝かせてから、底にグラニュー糖を入れた型に入れてオーブンで焼く。

…というもの。

そのため日本では洋菓子店の他に、パン屋でも見かけます。

□クイニーアマン

※動画を見てわかりますが、結構手順が複雑です。

簡単クイニーアマン風

近くにクイニーアマンを売っているお店がないけれど、どうしても食べたい。そんな方に比較的簡単に作れる、クイニーアマン風スイーツを紹介します。

■材料
市販のデニッシュ 1〜2個
バター(マーガリン可) 20g程度
グラニュー糖     大さじ1〜2
塩 少々(無塩バターの時のみ)

■作り方

  1. デニッシュにバターを半量だけ塗る。
  2. テフロン製のフライパンに、バターの残りを入れて弱火で溶かす。
  3. デニッシュをバターを塗った方を下にして乗せ、軽く焦げ目が付くまで弱火で焼く。
  4. デニッシュを取り出し、グラニュー糖(と塩)をフライパンに入れて軽く混ぜる。
  5. 再びデニッシュを入れ、グラニュー糖が軽く固まるまで加熱したら完成。

パンはデニッシュを使いましたが、フランスパンや食パンの耳でもOK。これらのパンを使う場合はバターの量を増やすと、更にカリカリになります。

頑張りたい時に

クイニーアマンは甘くてサクサクで、バターの香りが後を引くスイーツです。しかし、美味しい一方でカロリーは高く、何個も食べてしまうと後で後悔するかも。

そこでクイニーアマンを食べる時は、勉強や仕事を頑張った後のご褒美にしましょう。

脳を働かせたると糖分を消費するため、適度に甘いものを食べると元気になれるんですよ。ご褒美と思えばカロリーも気にならない、美味しいクイニーアマン頂きましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加