サイクロン式と紙パック式、掃除機を選ぶならどっちがいいの?

気がつくと部屋の隅にたまってしまうホコリは、ダニやアレルギーの原因にもなりかねません。

そこで大活躍するのが掃除機ですが、人によっては「掃除機を使うのが面倒」と感じることも。また最近の掃除機は、種類も豊富で選ぶのに悩んでしまいませんか。

大まかに分けると「サイクロン式」「紙パック式」がある掃除機は、どう選べば良いのでしょうか。

そこで、

  • サイクロン式と紙パック式の違い
  • どっちが良いのか

についてまとめました!

スポンサーリンク

サイクロン式と紙パック式の集塵方法の違いは

サイクロン式

サイクロン式掃除機は、吸い込んだ空気とゴミをカップの中で竜巻のように回転させます。

この時に遠心分離状態となるため、空気より重いゴミはカップの中にたまり、空気はフィルター経由で排出

この「カップ内で竜巻状に回転させる事」から、サイクロン式と名付けられたんですよ。

※マキタのコードレスクリーナーをサイクロン式にしてみた。

ハンディクリーナーをサイクロン式に改造した動画ですが、0:20から判りやすい集塵の様子が見られます。

紙パック式

紙パック式掃除機は、吸い込んだ空気とゴミを紙パックに送り込みます。

ゴミは紙パックの中にたまり、空気は紙パックの細かな目をすり抜けて排出。

紙パックがゴミと空気を分けるフィルターと、ゴミを貯める役目を兼ねているんですよ。

それぞれのメリットとデメリット

サイクロン式のメリット

サイクロン式には、次のメリットがあります。

吸引力が落ちづらい

サイクロン式の場合、ゴミが溜まってもモーターからの吸引力はそれほど変わりません。そのため吸い込む力が強いまま維持しやすく、一度の掃除できれいになりやすいメリットがあります。

紙パック代がかからない

サイクロン式はダストカップなどにゴミを貯める方式なので、紙パックを必要としません。

排気が比較的きれい

掃除機で気になるのが、掃除機から出る空気。しかしサイクロン式掃除機は、吸い込んだ後にホコリと空気を分離。更にフィルターを通してから排出されるため、紙パック式よりきれいな空気が排出されます。

サイクロン式のデメリット

一方でサイクロン式には、次のようなデメリットがあります。

ダストカップから捨てるときにホコリが舞う

ダストカップに溜まったゴミを捨てる時は、構造上外気にゴミが触れることに。そのため適当に捨ててしまうと、ホコリが舞ってしまいせっかくの掃除が台無しになります。

ダストカップやフィルターの掃除が必要

ダストカップに汚れがついたまま放置すると、悪臭の原因にも。またフィルターに溜まったホコリを放置すると、吸引力低下の原因にもなります。そのためダストカップとフィルターの、こまめな清掃が欠かせません。

ダストカップが小さめ

紙パックと比べるとダストカップは小さいので、こまめにゴミを捨てる必要があります。

スポンサーリンク

紙パック式のメリット

次に、紙パック式のメリットを紹介します

価格が安い

機種にもよりますが、サイクロン式よりも価格の安い商品が揃っています。

吸引力が強い

これも機種によりますが、吸引力がパワフルです。

ゴミを捨てる時がとても楽

紙パックに溜まったゴミを捨てる時は、掃除機から取り外してそのまま捨てるだけ。また紙パックからゴミがはみ出すことがないため、周囲が汚れる心配がありません。

フィルター掃除をしなくていい

紙パックがフィルターを兼ねているため、フィルター掃除の必要がありません。

紙パック式のデメリット

一方で、紙パック式には次のデメリットがあります。

吸引力が落ちやすい

紙パックがフィルターの役目を果たしている関係上、ゴミがたまると吸引力も落ちてしまいます。

空気の汚れに不安が

ゴミをためる紙パックがフィルター代わりのため、どうしても空気の細かな汚れが気になります。

紙パック代がかかる

高価なものではありませんが、使えば使うほど紙パック代もかかります。

結局どっちがいいの?

サイクロン式がおすすめの人は

サイクロン式がおすすめの方は、ズバリ「こまめな方」です。

掃除機を使い終えたら、ダストカップのゴミを捨てる。その時についでにフィルターを掃除し、その時に周囲に飛んだホコリも掃除する人に最適です。

紙パック式がおすすめの人は

紙パック式がおすすめの方は、「ちょっとめんどくさがりな方」です。

フィルター掃除に必要がない上、ゴミは紙パックに溜まった時か吸引力が落ちた時に捨てればOK。またホコリでセキやくしゃみが出やすい人も、ゴミを捨てるときにホコリが出にくいのでオススメです。

それぞれの特徴を理解して選ぼう

サイクロン式と紙パック式の掃除機には、メリットとデメリットが存在します。

吸引力が長く続くがやや弱く、排気はきれいだがこまめなメンテナンスが必要なサイクロン式

吸引力があるがだんだん弱くなり、メンテナンスは楽だが紙パック代がかかる紙パック式

掃除機の特徴と自分自身の性格を踏まえた上で、お財布と相談して購入したいですね。

自分に合った掃除機を購入して毎日掃除し、ホコリ知らずのお部屋で暮らしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加