添え物じゃない!パセリの優れた栄養と効能とは?レシピも紹介します!

揚げ物の添え物としてよく見かけるのが、緑色の鮮やかなパセリ

そのせいか、パセリは野菜という印象が薄くなっていませんか?またパセリを食べたことがある人にとっても、苦くて食べづらい・・という印象が残っていることも。

しかしパセリはひと工夫で美味しく食べられる上、栄養豊富な野菜なんですよ!

そんなに栄養豊富なら、これまで食べてこなかった人も食べてみようと思いませんか?

そこで、

  • パセリに含まれる栄養
  • パセリの効果・効能
  • オススメのパセリの食べ方

を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

パセリにはどんな栄養があるの?

100gあたりの栄養価は

まずはパセリ100gあたりの主な栄養価を紹介します。

カロリー 44kcal
ビタミンA 620μg
ビタミンB1 0.12mg
ビタミンB2 0.24mg
ビタミンB6 0.27mg
ビタミンC 120mg
ビタミンE 3.3mg
ビタミンK 850μg
葉酸 220μg
カリウム 1000mg
カルシウム 290mg
7.5mg
食物繊維 6.8g

これを見て分かるのは、ビタミン類とミネラルを豊富に含んだ野菜であること

特にミネラルに関しては、上で挙げた以外にも次の栄養素を含んでいます。

  • マンガン
  • 亜鉛
  • ヨウ素
  • クロム
  • モリブデン

ビタミン類も体に嬉しいものを、バランスよく含む特徴が。私達の体は様々な栄養素を欲していますが、パセリはその要求に答えやすい野菜と言えます。

パセリの効果・効能

強い抗酸化作用

パセリに含まれるビタミンAビタミンEは、抗酸化作用がある栄養素。

特にビタミンEは他の野菜よりも多く含まれるため、強い抗酸化作用が期待出来ます。

抗酸化作用を簡単に説明すると、体内の活性酸素を抑えて取り除く効果の事。活性酸素が増えると細胞にダメージが入り、動脈硬化・高血圧といった生活習慣病の原因にも。

そのため抗酸化作用の高いビタミンAやビタミンEは、毎日摂りたいですね。

美肌効果が

抗酸化作用は細胞を助けるため、健康的な美肌づくりにも役立ちます。

しかもパセリはビタミンCも豊富で、メラニンの生成を抑えて美白効果も期待できます。

ビタミンCはお肌の潤いの元である、コラーゲンづくりに欠かせない栄養素。レモンなど果物に集まりがちですが、パセリもまた美肌効果が期待できる野菜なんですよ。

生活習慣病対策とむくみ改善

生活習慣病につながる原因の一つが、塩分に含まれるナトリウムのとりすぎです。こちらも高血圧や動脈硬化を引き起こす要因となるため、適量を摂る必要が。

実はナトリウム対策には、カリウムが最適!

カリウムには血中のナトリウムバランスを整える効果があり、不要分は尿として排出する効能があります。

しかもナトリウムは水分を保持しやすい性質もあるため、一緒に排出されることで体のむくみも撃退。パセリにはカリウムが豊富に含まれるので、むくみと生活習慣病対策にも最適なんですよ。

骨を丈夫に

パセリに含まれるビタミンKは、骨を丈夫にするのに欠かせない栄養素です。

カルシウムももちろん大切なのですが、骨を形成するにはビタミンKも必要。パセリはカルシウムも豊富に含むので、骨がもろくなりやすい中高年には嬉しい効能ですね。

消臭効果が

パセリには、クロロフィルという成分が含まれています。

クロロフィルには強い殺菌効果と消臭効果があり、汗が原因の気になる臭いを抑える効果が。

またパセリの香りに含まれるピネンとアピノールには、口内の雑菌の繁殖を抑える効果が。

口臭と体臭、2つの気になる臭いに対してパセリは効果的なんですよ。

スポンサーリンク

おすすめパセリの食べ方!

パセリとじゃがいもの炒め物

パセリはたくさんは食べづらく、パサパサした食感と苦味があるので敬遠されがち。しかし食感と苦味は加熱することで薄れ、驚くほど美味しく食べられます。

そこで、簡単で美味しい炒め物の作り方を紹介します。

■材料 (2~3人前)
パセリ 50g程度
じゃがいも 1~2個
バラベーコン 1~2枚
サラダ油(またはオリーブオイル) 大さじ1
ニンニク(みじん切り)  一片
塩・コショウ 適量

■作り方

  1. じゃがいもは皮をむいて一口大に切り、電子レンジで3分~5分加熱する。
  2. パセリは茎と葉の部分に分け、葉は一口大・茎はみじん切りにする。

  3. フライパンに油とにんにくを入れて強火で加熱し、そこにパセリを入れて蓋をする。

  4. 30秒待ったら蓋を開け、ベーコンを加えて炒める。

  5. ベーコンに火が通ったらじゃがいもを加え、軽く混ぜたら塩コショウして味を整えて完成。

お好みで鷹の爪を加えると、大人の味に仕上がりますよ。

パセリだって野菜!

パセリは添え物のイメージが強く、食べない人が多いかも知れません。また味も独特の癖があり、子供にとって嫌な野菜に挙げられることも。

しかしパセリには、健康と美肌に嬉しい栄養がたっぷり!加熱することでとても食べやすくなるので、食べないのはもったいないですよ。

添え物からメインの野菜に出世させて、パセリをたくさん食べませんか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加