知ってた?クッキー・ビスケット・サブレの違いは何?

サクサクしたもの、しっとりしたもの、濃厚なバター風味を感じるもの、チョコチップが入っているもの…と、クッキー・ビスケット・サブレには色々な種類がありますね。

小腹が空いた時や、ホッと一息つきたい時などに大活躍するお菓子ですが、その違いをご存知ですか?

「食感が違う?」
「材料は同じかな?」
「どれも同じ国から伝わったお菓子?」

改めて聞かれると分からないですよね。

私はパッケージにクッキーと書いてあれば、深く考えずに「クッキーなのか」と思って食べていました。クッキーと書かれた箱の中身がサブレに入れ替わっていたとしても、クッキーだと思って食べること間違いなしだと思っています。

私たちが日頃食べているお菓子の正体、知りたいですよね。クッキー・ビスケット・サブレの違いを様々な観点からご紹介します。

スポンサーリンク

クッキー・ビスケット・サブレ それぞれの由来や基準

それぞれ名前は違いますが、実は、材料や作り方に大きな違いはありません。驚きましたか?

しかし、名前が違うのだから、何か違いはあるはずですよね。1つずつ見ていきましょう。

クッキー

クッキーはどこから伝わってきた?

 

アメリカから伝わってきました。アメリカでは「サクッとした食感のお菓子」を総じてクッキーと称しています。

クッキーの名前の由来

オランダ人がアメリカに渡った際に、オランダ語で「koke(クオキエ)」と焼き菓子のことを呼んだのがクッキーという名の由来と言われています。Koke(クオキエ)とはオランダ語で「小さいお菓子・ケーキ」という意味です。

クッキーの日本での基準は

「糖分と脂肪分が全体の40%以上のもの」と公正競争規約(全国ビスケット協会)によって定められています。全国ビスケット協会というものがあるのですね。知らなかったです。

また、見た目が手作り風のもので、卵や乳製品、ナッツ、ドライフルーツ、はちみつなどで、しっとりと風味良く焼いたものをクッキーと表示することができます。

確かに糖分と脂肪分が全体の10%以上です。おいしそうですね。

ビスケット

ビスケットはどこから伝わってきた?

イギリスから伝わってきました。イギリスでは「小麦粉で作られたお菓子」を総じてビスケットと称しています。なんと、古代ギリシャ・ローマ時代から食されていたお菓子だと言われています。伝統を重んじるイギリスにぴったりですね。

ビスケットの名前の由来

ラテン語で「ビスコクトゥス・パーニス」と呼ばれていたのがビスケットという名の由来だと言われています。ビスコクトゥス・パーニスとは「2度焼かれたパン」という意味です。1度焼いたパンをもう1度焼いて、保存食として食べたのが始まりだと言われています。

ビスケットの日本での基準は

「糖分と脂肪分が全体の40%未満のもの」と前述の協会で定められています。

また、水分が少ないためパサパサした食感で、空気穴が空いていたり、型抜きしたりして作られているものが多いです。

元々が保存食だったのですから、水分が少ないのは納得ですね。日本でも「乾パン」が保存食として広く認知されています。

サブレ

サブレはどこから伝わってきた?

フランスから伝わってきました。

サブレの名前の由来

サブレと言えば、私は鎌倉の「鳩サブレ」が思い浮かぶのですが、フランスの「サブレ=シュル=サルト」という町の名前がサブレの由来だと言われています。クッキーの仲間です。

サブレはフランス語で「口に含んだ時に、砂をまかれた・サクサクとした歯ごたえ」という意味です。

サブレの日本での基準は

前述の協会の基準のような、明確な基準はありません。しかし、クッキーがショートニングやバターと小麦粉の割合を1:2で作ることが多いのに対し、サブレはほぼ1:1で作ることが多いです。

そのため、よりバターの風味が強く、サックリとした食感です。

スポンサーリンク

どこが違う?どう違う?

糖分と脂肪分の違い

  • クッキー: 糖分と脂肪分が全体の40%以上
  • ビスケット: 糖分と脂肪分が全体の40%未満
  • サブレ: クッキーがショートニングやバターと小麦粉の割合が1:2なのに対して1:1

食感の違い

  • クッキー: サックリとした食感
  • ビスケット: 水分が少ないため、パサパサ感がある
  • サブレ: バターが多いため、クッキーよりもサクサクしている

こうして見ると、明確な違いは糖分や脂肪分、材料の割合ですね。それに付随して食感が変わるということでしょう。

少しの違いで風味も食感も全然違う!

クッキー・ビスケット・サブレの違いをご紹介しましたが、いかがでしたか?

そもそも発祥地が三者で違い、その三者を区別するような基準は日本で作られたのですね。外国ですでに、「クッキーとはこういうものだ」という意思を持って日本に伝えられたと思っていたので驚きました。

また、糖分・脂肪分の含有量でクッキーとビスケットが分かれていることも、ショートニングやバターと小麦粉の割合の違いでビスケットとサブレが分かれていることも、初めて知りました。

その差であの風味の違い、食感の違いが表れているのですね。そう思うと、お菓子の世界は繊細で奥深いです。

クッキー・ビスケット・サブレの違いを知った後にこれらを食べると、また何か違った気持ちになるかもしれません。お菓子を選ぶ時の参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加