エビの尻尾って食べるもの?どんな栄養があるの?

エビフライやえびの天ぷらの尻尾(しっぽ)、いつもどうしますか?

「当然残す!」という方が多いのかと思ったら、意外と「残さず食べる派!」もたくさんいます。こればっかりは、人それぞれ「好み」が分かれますね。

そこで気になるのが、

  • 尻尾を食べるのはマナー的にOKなのか?
  • 栄養的にはどうなのか?

というところ。

そのあたりみんな微妙で、「食べる派」だけど家では食べるけど外ではやめとく…なんて方もいます。

今回は「エビの尻尾は食べるもの?そして栄養について」のお話をしてみましょう。

スポンサーリンク

エビの尻尾は食べる?食べない?

それではエビのしっぽを「食べる派」、「食べない派」、それぞれの主な理由をまとめてみました。

「食べる派」の理由

  • 昔から食べているから
  • 美味しいから
  • 栄養があるから
  • お皿の上が奇麗になるから
  • 食べ物を大切にしたいから

‥など

「食べない派」の理由

  • 固いから
  • 喉に刺さりそうだから
  • 歯茎に刺さるから
  • 害がありそうだから
  • 美味しくないから
  • 食べるのが恥ずかしいから

…など

以上こんな感じですね。

エビの尻尾にはどんな栄養があるの?

ところで意見の分かれる「エビの尻尾」、栄養的にはどうなのでしょうか?

3つの栄養素が!

エビの尻尾には、主に3つの栄養素が含まれています。

カルシウム

カルシウムには、

  • 歯や骨を丈夫にし、骨粗しょう症に効く
  • 筋肉の動きをスムーズにする作用
  • イライラを防ぐ

などの効果があります。

キチン

人間はキチンを消化する成分がないため、摂取するとそのまま排出されます。その時にコレステロールや脂肪の吸収を抑え、塩分も一緒に排出するため、成人病の予防になります。

体内に蓄積すると害のある重金属類(カドミウムなど)を吸着し、排出する作用もあると言われています。

アスタキサンチン

エビに熱を加えたときに赤くなる成分が、アスタキサンチンです。

この栄養素は、

  • 活性酸素を除去する抗酸化作用があり、疲労回復に効果
  • 紫外線予防の作用があり、目の皮膚の老化にも効果

があります。

エビの尻尾には、身体によい栄養素が多く含まれているんですね。

スポンサーリンク

体に良くない要素はある?

では、エビの尻尾には身体に負担になる要素はあるのでしょうか?

エビの尻尾に含まれるキチンには、脂溶性ビタミン(A・D・E・K)の吸収が悪くなるという副作用があるようです。しかし少量では大丈夫なので、大量に摂らなければ問題はありません。

エビの尻尾は中が空になっていて、この部分には水分やゴミなど雑菌がたまりやすい!ということがあります。しかし、エビの尻尾を下調理をしてあれば、まったく問題ありません

その場で揚げてくれるような高級料理店は、たいていしっかり下調理をするため、特に問題はありません。輸入冷凍食品をそのまま揚げているような場合は、雑菌などが残っている可能性もあります。

けれども高温で揚げてあれば殺菌にはなるので、それほど心配することはありません。加熱されることにより殺菌になるため、未加熱のお刺身の尻尾などは残したほうがよいでしょう。

このようにエビの尻尾は、下調理と加熱に気を付ければ、栄養があり身体には良いようです。

きちんと下処理したら、尻尾までいただくのも良いかもしれませんね。

※えびの天ぷら用さばき方の動画です。

マナー的にはどう?

最後に気になることは、マナー的にはどうなのか?というところです。

マナー的に絶対にタブー!など、はっきりした決まり事はないようです。したがって「食べるか食べないかは本人次第!」ということになります。

きちんとした料理店などでは、食べられない部位を入れる「壺」や「小皿」を用意してくれます。

その際、残すのであればそちらにそっと入れるのがスマートかもしれませんね!

その場に応じて臨機応変に!

エビのしっぽ!今までは「残す派」だったのですが、栄養があるなら食べてみてもいいかな~と思いました。

自宅で食べるのはそれほど抵抗ないですが、迷うのは外で食べる時ですね。気のおけない相手と食事するなら気にせず自分流で食べますが、相手が目上の方だったり、気の遣う間柄の時はどちらがよいやら…。きっと迷うことと思います。

エビの尻尾に限らず、かしこまった雰囲気でのお食事は、テーブルマナーに悩むことも多いですね。

でもよく考えてみれば、「マナー」とは相手を不快にさせないことが目的

お互い気持ちよく食事できるよう相手をみて臨機応変にするのが、スマートでいいのかな?と思う今日この頃です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加