食べすぎた次の日の食事は何がいい?運動はどうする?

家族や友人との食事、または旅行など、たまに楽しいイベントがあると、美味しいものを前にしてついつい食べ過ぎてしまいますね

その場は美味しい食事に満足ですが、次の日になって食べ過ぎを後悔することも。

それまでダイエットに気をつけて、体型キープを心掛けていたりするとなおさら昨日の自分が悔やまれますね。

それにしても、食べ過ぎてしまった時、次の日に何かできることはないのでしょうか?

実は、食べ過ぎてもすぐに脂肪になるわけではありません。せっかく今までダイエットに気をつけてきたのであれば、食べ過ぎてもあきらめることなく、なんとか「次の日にリセット」を目指したいですね!

今回は「食べ過ぎた次の日の食事」について、お話したいと思います。

スポンサーリンク

食べたらすぐ太るのか?

食べ過ぎると、体重が増えたと思ってあせってしまいますね。そもそも食べたものは、いつ脂肪に変わるのでしょう?

実は余分なエネルギーは、すぐに脂肪になるわけではなく、まずは肝臓に運ばれます。
そこで余分な糖質と脂肪が脂肪細胞に蓄えられ、余分なたんぱく質(アミノ酸)は
尿として体の外に排出されます。

肝臓にストックされている時間はおよそ48時間この間に食べ過ぎたエネルギーを消費させてしまえば、リセットも可能です!

食べ過ぎると糖質や塩分のとり過ぎで身体が水分を抱え込むため、身体がむくみ、体重が増えたように感じることもあります。

ですから、できるだけ水分を排出する食品を多く食べ、むくみを解消するようにしましょう。

実際にエネルギーのとり過ぎで体重が増えるのは、約3日後。食べ過ぎたらあわてず、2日以内にリセットするよう心掛けたいですね。

食べ過ぎた次の日の食事は何がいい?

食べ過ぎてしまった日の翌日は、断食やごはん抜きなどのダイエットするよりは、栄養バランスを整えたままいつもの食事の分量を減らす方がおすすめです。

カロリーは普段の3分の1

いつも摂取しているカロリーの3分の1の量を意識して、食事をしましょう。

  • ごはんはいつもの半分
  • 野菜はいつもより多めに

などを心掛けるだけで、栄養バランスを崩すことなく、自然とカロリーがおさえられますのでダイエットにつながります。

栄養バランスが崩れず、健康状態が保たれれば、美肌を保ったまま、ダイエットできそうですね!

カリウムを多くとり、水分を排出

食べ過ぎると糖質や塩分が多くなり、身体が水分を溜めこみ身体がむくむため、太ったような感じになります。

カリウムを多く含む食品をとることにより、

  • 体内の水分を排出でき、身体のむくみがとれる
  • 筋肉の収縮を正常にして、身体の動きを良くする働きがある

カロリー消費にも役立ち、ダイエット効果抜群です!


カリウムが多い食品には、次のようなものがあります。

  • アボカド
  • ほうれん草
  • 大豆
  • 納豆
  • わかめ、こんぶなどの海藻類
  • ひじき
  • さといも
  • 焼き芋
  • にんにく

食べ過ぎた次の日こそ、意識してカリウムを含む食品を積極的に摂れば身体のリセットに効果的ですね。

野菜を食べ、食物繊維を多く摂る

食べ過ぎた翌日には、野菜を多めに食べて食物繊維をしっかりと摂りましょう!

食物繊維を豊富に含んだ野菜をとると、

  • 満腹感を得られる
  • 腸内環境が整えられ、排便がよくなる

食物繊維を多く含む食品としては、このようなものがあります。

  • 切り干し大根
  • モロヘイヤ、ほうれん草
  • ごぼう、にんじん、かぼちゃ、さつまいも、さといも等の根菜類
  • こんにゃく

食物繊維は、余分な脂肪を吸着し、排便とともに体外に排出してくれるデトックス効果があります。

ダイエット効果だけでなく美肌効果もありますよ!

スポンサーリンク

食事以外に気をつけることは?

食べ過ぎた翌日に、食事以外でできることにはどのようなものがあるのでしょうか?特におすすめの方法を3つご紹介します。

朝に軽い運動

朝に軽い運動をすると、1日の代謝を高くキープすることができ、消費エネルギーを多くすることができますよ!

代謝は1日一定ではなく、朝起きた瞬間がもっとも低く、朝起きてからだんだんと上がり、
昼間にピーク。そして、夜にむけてだんだん代謝が落ちていきます。

代謝の低い朝にあえて運動することで代謝を一気に上げることができ、代謝の高い状態を長い間キープすることができます。

朝一番からキツイ運動をする必要はなく、ラジオ体操くらいの軽い運動やストレッチでも
簡単に代謝アップできます。ぜひ試してみましょう!

水分を多めに摂る

水分を積極的にとると、

  • 血液がサラサラになって流れがよくなる
  • 代謝があがり、体内の老廃物が排出されやすくなる

という効果があります。

代謝が上がると身体がやせやすくなり、元の体重に戻りやすくなりますよ。

ただし、糖分の入っている炭酸飲料やジュースは逆効果。お茶かミネラルウォーターをいつもより多めに飲むようにしましょう!

食べ過ぎに効果のあるツボ

食べ過ぎたときには、消化を促進する「ツボを押す」のもおすすめです。

消化を促進するツボには、このようなものがありますよ。

胃点

耳の真ん中にあるツボで、ここを刺激すると胃の働きが活発になり、消化が促進されます。

足三里

膝の外側のくぼんだ部分から指4本下がったところにあるツボです。胃の不調を整える効果があります。

足三里は、消化器系、婦人病、高血圧、いろいろ効きますよ

中脘(ちゅうかん)

みぞおちと、おへその間のちょうど中間にあるツボです。消化不良を解消する効果があります。

食べ過ぎてしまったら、とにかく早く消化していつも通りのペースに戻したいですね。

ツボの効果、すぐに実感できるかどうか人それぞれですが、ツボを押してみると気持ちよく、試す価値あり!ですよ。

リセットで、心おきなく美味しい食事

できるだけ太らず、きれいな体型をキープしたいとは思うものですが、美味しいものを食べることも人生の大切な楽しみの一つ。

いつもカロリーのことばかり考えていても、楽しくないですね。たまには素敵なお店で、美味しいもの食べる「気分転換」も心の栄養には欠かせない気が?

何事もバランス感覚が大切。大事なのは、美味しいものを食べた後のリセット!ですね。

トータルでカロリーオーバーにならないよう、少しだけ気を付けるのがポイントかも。そうすれば、たまに美味しいレストランで食事しても、心配なく楽しめますね。

いい感じでリセットする習慣を身につけたら、たまには素敵なお店を探して、心おきなく美味しい食事を堪能するのもいいかな~と思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加