ご飯のおとも!たらこと明太子の違いとは?辛子明太子は?

コンビニのおにぎりには様々な具があり、どれを食べようか迷ってしまいます。

そんな具材の中で人気のものに、たらこ明太子があります。家でも常備していてご飯と食べたり、明太パスタを作ったりもしますよね。

ところで明太子とたらこは似ているような気がしますが、違いはどこにあるのでしょうか。

調べると意外な事実が判明した、たらこと明太子の違いについてまとめました!

スポンサーリンク

たらことは、明太子とは

たらことは

たらことはスケソウダラの卵巣および、これを塩漬けにした食品のことを言います。

主な産地は北海道で、特に白老(しらおい)・虎杖浜(こじょうさま)産が有名です。文献によれば江戸時代にはすでに食べる風習があり、ここでも北国名物との記述が。

当時のたらこは現在のものとは違い、真鱈(まだら)の卵巣でした。しかし真鱈の漁獲高が減ったことで、かわりにスケソウダラの卵巣が主流となりました。

ちなみに真鱈の卵巣は、たらこと違って皮がマダラに黒く巨大なもの。北海道にはコンニャクと煮付ける「子和え」という料理があり、冬によく食べられます。

明太子とは

明太子は福岡地方の方言で、「たらこ」を指す言葉。

その語源は福岡と海を挟んで近い位置にある、朝鮮半島にあります。朝鮮語で鱈のことを、「明太(ミンタイ)」「明太魚(ミンタイユー)」と呼んでいました。

そこから交流のあった福岡(博多)を中心に、「明太子」が定着しました。

ただし朝鮮語で鱈の卵巣は「明卵」なので、明太子という呼び方は日本独自となっています。

スポンサーリンク

たらこと明太子の違いは?

実は違いは・・・

これまでの説明で判るとおり、たらこと明太子の違いはありません

たらこはスケソウダラの卵巣そのもの、あるいは塩漬けして味付けしたもの。そのたらこを、福岡を中心とした地域で「明太子」と呼んでいます。

それが全国的に広がったため、同じ意味の「たらこ」と「明太子」が存在しているのです。

味の違いで

一方で味の違いで、使い分けていることもあります。

たらこの一種に、唐辛子のピリッとした辛さが魅力の「辛子明太子」があります。

明太子と辛子明太子は違うのですが、辛いほうを「明太子」と呼ぶ場合が。この明太子に対して、塩漬けの方を「たらこ」と呼んで区別しているのです

しかし何度も説明していますが、明太子はたらこと同じ意味。本来は間違いなのですが、わかりやすさからこの区別の仕方が一般的になりつつあります。

特にパスタのお店で「明太パスタ」とあった場合、辛い味付けである場合が。たらこスパゲティのつもりで注文したのに、とならないように確認すると確実ですね。

辛子明太子とは

ところで「辛子明太子」とは、どういうものなのでしょうか。

辛子明太子は塩漬けになった「たらこ」に、唐辛子を中心とした調味液に漬け込んだもの。

その味は唐辛子のピリッとした辛さと塩気があり、よりご飯が進む一品。またバターやマヨネーズとの相性もよく、明太パスタなど洋食のメニューにも使われます。

辛子明太子は、朝鮮半島で食べられていた「明卵漬」がベースとなったもの。朝鮮半島で食べられていたものは、どちらかといえばキムチに近い味付け。

それを日本人の口に合うように、山口県下関や福岡の業者が昭和初期に改良しました。

これが「辛子明太子」となり、福岡の名産品になったというわけです。

※めんたいパーク めんたいパーク神戸三田工場見学

辛子明太子の製造工場なのですが、名前が「めんたいパーク」なんですね。

現在主流となっているのは、福岡で作られた「調味液に漬け込む」辛子明太子。一方で下関の辛子明太子は、唐辛子を直接すり込む「まぶし型」と呼ばれています。

判りやすさで使い分けよう!

たらこと明太子は、どちらも同じ「スケトウダラの卵巣」のことを指します。

ところが判りやすさから、辛い味付けを「明太子」塩漬けを「たらこ」と呼ぶ場合が。辛子明太子も、材料はおなじ「スケソウダラの卵巣」ですのでややこしいですね。

しかしたらこも明太子も辛子明太子も、美味しいことには変わりありません。

言い方が違うだけということを理解したうえで、判りやすさで使い分けましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加