フランスパンの「バケット」「バタール」の違いはどこにあるの?

最近ではパン屋で販売されるパンの数がとても増え、どれも美味しそうで迷ってしまいます。

惣菜パンや甘い菓子パンも美味しそうですが、硬めのフランスパンも美味しくて人気ですよね。

ところでフランスパンを買おうとすると、様々なフランスパンがあって悩みがち。特にバケット・バタールは見た目も似ているため、どちらを買おうか悩みませんか?

そこで、

  • フランスパンとはどんなパンか
  • バケットとは、バタールとは
  • それぞれの違い

…について、まとめてみましたので、ぜひ参考にしてみて下さい!

スポンサーリンク

そもそもフランスパンとは?

フランス生まれの硬いパン

「フランスパン」とはその名の通り、フランスが発祥のパンを指します。

その特徴は硬くてパリっとした食感の外側と、ややさくさくした中の生地。特に硬さは他のパンには見られないほどで、歯が弱い方には噛むのに苦労するほどです。

味は塩気が感じられるシンプルなもので、他の食材とも合わせやすい特徴もあります。

硬さの秘密はシンプルな材料

フランスパンの外側がとても硬いのは、材料に秘密があります。通常パンを作る際には、卵やバターなどを加えて柔らかく焼き上げられます。

しかしフランスパンは、「水・塩・小麦粉(中力粉)・イースト・麦芽(モルト)」のみを使用。パン生地が柔らかくなる材料がほとんど含まれないため、外の皮が硬く焼きあがるのです。

また小麦粉にも、硬く焼きあがる秘密が。

フランスパンに用いられる中力粉には、グルテンがそれほど含まれていません。

グルテンとは小麦粉に含まれるタンパク質の一種で、パン全体の柔らかさの素。元々フランス産の小麦粉にはグルテンが少なく、それがフランスパンが硬くなった要因でもあります。

更に生地をふくらませるイースト菌には、砂糖などの糖類が欠かせません。しかしグルテンに含まれる糖分と麦芽の糖分だけでは、イースト菌の活動はにぶりがち。

その結果外側が硬く、中がふわふわもちもちとはならないのです。

スポンサーリンク

バケットやバタールはどんなフランスパン?

形によって名前が変わる

フランスパンはフランスの硬いパンの総称で、形によって名称が変わります。

そのためバケットもバタールも、大きな分類では同じフランスパン。この他にもフランスパンに分類されるものには、次のパンがあります。

□パン・ド・カンパーニュ
丸型で直径15~30センチ以上のもの。ライ麦を使用しているため「田舎パン」とも呼ばれる。

□シャンピニオン
丸型で上部にキノコのカサのようなものが付いたパン。

□クッペ
ラグビーボールの形に似ていて、真ん中に一本の切れ目を入れて焼き上げる。

バケットとは

バケットは、長さ60~80センチ・重さ300~400g前後の細長いフランスパンを指します。

フランス語で「杖」を意味するこのパンは、フランスパンでも最もポピュラーなもの。硬さと食感が味わえるパンとして、全ての方におすすめ出来るパンでもあります。

その他の特徴としては、クープと呼ばれる「裂け目」があります。これはパンを焼く前にナイフで入れられた切れ目で、焼かれて膨らんで裂け目となるもの。

中によく熱が伝わり、食感がよりパリパリとなるメリットもあります。バケットでは6~7本入れるため、よりパリパリした食感が楽しめます。

バタールとは

バタールは長さ30~40センチ・重さ300gほどの、やや太いフランスパンを指します。

フランス語で「中間」という意味がありますが、これはバケットと「パリジャン」の中間の太さだから。

パリジャンとは70センチ・500g前後のフランスパンで、長く太いのが特徴。そのパリジャンとバタールの中間ぐらいの太さなので、「中間(バタール)」という名前になりました。

ちなみに名称を見てバター入りと勘違いする人もいますが、バターは入ってません

バタールはやや短いパンのため、クープは3~4本。太さもあることから、もっちりした食感が楽しめるパンとなっています。

バケット・バタールの違い、まとめ

バケットとバタールの違いはここ!

最後に、バケットとバタールの違いを簡単にまとめました。

■バケット

  • 長さ60~80センチ、重さ300g~400g。
  • 細長い形状で、フランスパンと言われたら思い浮かべる形をしている。
  • 切れめ(クープ)は6~7本
  • 全体的に食感がパリパリで、硬め。

■バタール

  • 長さ30~40センチ、重さ300g。
  • やや短く太め。
  • 名称と違ってバターは使われていない。
  • 中が比較的もちもちしていて、少し柔らかめ。

種類も豊富なフランスパン!

フランスパンはシンプルな味のため、どんな食材とあわせても美味しく食べられるパン。

様々な種類があって迷うかも知れませんが、長さと食感で選べば好みのものに出会えるかも

長くて細くてパリパリ食感が好きなら、バケットがおすすめ。中のフンワリ感がほしい、あるいは長いと食べきれないならバタールがおすすめです。

その他にも美味しいフランスパンがたくさんあるので、食べ比べてみませんか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加