モロヘイヤに含まれる驚きの栄養素は?おすすめの食べ方と言えば?

食の多様化が進むにつれ、スーパーでは見慣れない野菜も多く並ぶようになりました。中には毎日の食卓に使いたい価格の野菜もある一方で、使い方がわからない野菜もあります。

そんな野菜の一つに、夏になると出回るモロヘイヤがあります。

栄養豊富と言われるモロヘイヤですが、どうやって食べれば良いのでしょうか。

今回は、モロヘイヤに含まれる栄養と、オススメの食べ方を紹介します!

スポンサーリンク

モロヘイヤにはどんな栄養があるの?

100gあたりの栄養素は

モロヘイヤは北アフリカ原産で、アラビア語で「野菜の王様」とも呼ばれる栄養豊富な野菜。葉をみじん切りにすると、ネバネバになる特徴があります。

まずは100gあたりの、主な栄養素を紹介します。

カロリー 38kcal
β-カロテン 10000μg
ビタミンB1 0.18mg
ビタミンB2 0.42mg
ビタミンB6 0.35mg
ビタミンC 65mg
ビタミンE 6.5mg
カリウム 530mg
カルシウム 260mg
マグネシウム 46mg
食物繊維 5.9g

注目してほしいのが、各種ビタミン・ミネラルがバランス良く含まれている点。

「野菜の王様」と呼ばれるのも、これなら納得ですね。

モロヘイヤに期待できる効能は

栄養豊富なモロヘイヤを食べることで、期待できる効能がいくつかあります。

抗酸化作用

豊富な栄養素の中で注目したいのが、β-カロテン

β-カロテンは体内で必要に応じてビタミンAに変わる栄養素で、強い抗酸化作用を持っています。

抗酸化作用を簡単に説明すると、細胞を老化させる活性酸素を抑える働きのこと。特に血管の老化を遅らせることで、動脈硬化の改善や予防につながります。

美肌効果

細胞の老化を抑える抗酸化作用ですが、実はお肌にも影響をもたらします。

お肌の細胞の老化が抑えられれば、自然とシミ・シワなどの影響も減少。しかもモロヘイヤには美白効果が強い、ビタミンCもたっぷり。

モロヘイヤを食べることで、健康的なお肌への回復と維持が期待出来るんですよ。

便秘解消

モロヘイヤを刻むとネバネバになるのは、ムチンという成分が含まれているから。

ムチンは水溶性食物繊維の一種で、水を含むと膨らむ性質があります。

そのため腸内の老廃物を穏やかに押し出し、便秘解消が期待できるんですね。

夏バテ解消

ムチンのネバネバ成分には、胃腸を保護する効果が。そのため食欲不振や、消化不良の改善にもつながります。

またビタミンB群には疲労回復効果があり、特に夏バテしやすい時期に積極的に摂りたい栄養素。

夏バテで弱った体を回復させるのに、モロヘイヤはうってつけと言えますね。

スポンサーリンク

モロヘイヤのおすすめの食べ方は

茹で方をマスターしよう!

モロヘイヤは生で食べるとエグみを感じるため、茹でてから使いましょう

□モロヘイヤの茹で方

  1. モロヘイヤは茎を取り除き、葉だけにする
  2. 大きめの鍋に水を沸かし、水1Lに対して大さじ1程度の塩を入れる。
  3. モロヘイヤの葉を入れ、20秒茹でたらザルに上げて冷水で冷やす。
  4. 茹でたモロヘイヤを手でしっかり絞り、水気を切って調理に使う。

※モロヘイヤのお浸し

ゆでたモロヘイヤは、そのままお醤油で和えても美味しいですよ。

ネバネバ和え物

食欲がないときでもスルッと食べられる、ネバネバ和え物を紹介します。

□材料(2人前)
モロヘイヤ(茹でたもの)  1束分
納豆       1パック
なめたけの瓶詰め  50g程度

□作り方

  1. 納豆は醤油を加えず混ぜる。
  2. 茹でたモロヘイヤをみじん切りにする。
  3. すべての材料を混ぜ、器に盛って完成。

試食してみて味が薄いようなら、醤油を少量加えてください。

モロヘイヤとベーコンの炒めもの

モロヘイヤはほうれん草のように、炒めものにしても美味しくいただけます。

□材料(2~3人前)
モロヘイヤ(茹でたもの) 2束程度
ベーコン           2~3枚
炒め油           小さじ1
塩・こしょう         適量

□作り方

  1. モロヘイヤは茹でてから、食べやすい大きさに切る。
  2. ベーコンは1センチ幅程度に切る。
  3. フライパンに油を熱し、ベーコンを炒める。
  4. ベーコンに火が通ったら、モロヘイヤを加えて軽く炒め、塩コショウで味付けをして完成。

お好みでエリンギ・しめじなどのきのこを加えると、ボリュームも出て美味しくなりますよ。

美味しく食べて元気に

モロヘイヤには体にとって嬉しい栄養素が沢山含まれ、しかもシーズンになると安く入手出来る野菜です。

旬は6月~8月ごろと、ちょうど夏バテなどで体が弱っている時期。夏バテ対策に嬉しい栄養素も多いので、積極的に食べたいですね。

茹でてから和え物にしたり、スープの具や炒めものにしたりと使い勝手も良いモロヘイヤ。

元気に夏を乗り切るために、モロヘイヤをもっと活用しましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加